Arianeeの紹介

0*w0HzkejPHt8o9GUc.jpg

Arianee のプラットフォームの目的として高級ブランド商品を転回し、オーペンソースプロテコがブロックチェーン稼働を動かす。Arianeeが高めるそれぞれの高級ブランド、オーナー、第の資産、セール、と複層
トランスペアレンシーと分散制御プラットフォーム。複数な物は暗号デジタルボルト、スマート資産(スマートアセット)、データハブ、とコミュニティービジネスパートナーズツールキット。

難聴ドルの問題

この世界がずっとやってきた不安、徐々のトレンドに資産持ちが過去の時代ー本日の理由はeCommerceの緊急時。国際商業会議所では、「プロジェクトがデメリットとして偽造と著作権侵害が存知となった結果はUS$4.2兆ドルが跛かした為、世界エコノミーと含めた5.4億正統企業リスクは2022年となります。」 けれども、殆んどが影響する赤字が税金を直接全体の国々の政治化が公開商品の為に公開金額を少なくする分は、圧倒的にほとんどの購入客が買上げた商品が偽造となり、商品有効は全く存知されていない。

偽造は圧倒的なビジネスだけが危険ではなく、健康商品が消極的に公衆衛生に医薬品を作る事で規制機関の基本、有害健康と安全問題を客に販売する。資産と革新は衆く引っかかる国々の所で知的財産の窃盗はコントロール、と結果の中では会社の出店を他所と

著作権侵害と偽造は間断なくもっと作る高度方法は偽物商品から景気まで。今がチャンスとして、これらの問題を解決できる。Arianeeプラットフォームと共に、社会が犯人者や世界中をの偽造と偽物を逆らえる。

Arianeeの解決

Arianeeの目的は初めての資産、無名と全部世界中の高級的資産を信用証拠できる。Arianee証拠書はユーザーににデジタル信頼性証拠とともに商品記録がある為、証拠の管理はArianeeユーザーは個人のデーターを尾くマネージャーとなります。Arianeeは所有者から偽名と興味のあるブランドと第三者と繋ぐ。地方公共団体プラットフォームはイネーブル開発者プロデュースアプリケーションをArianee ブロックチェーンと同時に繋ぐ不変性的のデータ。

このような開発経緯は様々なArianee プロジェクトの見所ろの情報はもっと具体的にこれから先に説明致します。ほとんどの人は全く気づかない様々な偽造社会問題。Arianeeが取り組む公団をこの問題を守る同時に恒久的な人生と商業。

Arianeeのチーム

Arianee チームは多様性グループの起業家、投資者、とソフトウェアエンジニアが同じ目的としては不偽造な世界を作る事です。それぞれのチームメンバーが貢献する自分でのユニークな専門知識の考え方がArianee の使命感です。Arianeeのお陰様で世界中の適要性が余儀なくそれぞれのマーケットを計る事ができます。我々は非常によく分かることで有能なリーダーシップが戦力的なやり方と優れるものを考えています。下記にメームのメンバーはこちらへご覧下さい。これから先、情報は具体的なプロフィールがもっと広がる可能性がございます。

  • Jean-Marc Bellaiche(ジョンマーク・ベラチェ)ービジネス ディベロッパ

  • Julien Romanetto(ジュリアン・ロマネト) ープロダクト ディベロパ

  • Alexandre Cognard(アレクサンドル・コガード) ーテクニカル

  • Christian Jorge(クリスチャン・ホルヘイ) ー オペレーション

  • Julien Abriel (ジュリアン・エイブリエル)ープロダクトマネージャ

  • Luc Jodet(ルーク・ジョデト)ービジネス アーキュテクチャ

  • Frederic Montagnon (フェドリク・モンタグノン)ー 理事長

  • Emmanuelle Collet(エマヌエレ・コレット)ー マーケティング

  • Febrice Ezzine(フェブリス・エジーン)ーリードバックエンド

  • Kurban Atabinen(クルバン・アタビネン)ー リードフロントエンド

  • Julien Sechaud (ジュリアン・セコード)ーリードモバイルテクノロジ

  • Gregory Pouy(グレゴリー・ポーイ)-ブランド エヴァンジェリスト

偽造者の到頭の始まり

Arianee プロジェクトはまだまだ最初が、今の時代で見れば始めの世界中偽造者とパイレットの終わりの時代です。プロトコルが実相と開発されてから、偽造問題は過去の問題となります。

始めの時期内は、チームはウェブサイトと完成されたプロジェクトホワイトペーパー、その中には関連されたプロジェクトロードマップ。後日のポストはもっと具体的にArianeeの名状と機能、マーケット文学とワイドレンジを使うケース

サイト先はこちら: